FC2ブログ





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

VST導入の手引き 

MIDIデータを作成されている方なら大抵耳にした事のある言葉だと思います。
しかし、どんな物なのかわからない、使い方がわからない、使い方がわからなくて夜も眠れない、使い方がわからなくて夜歯磨きもしないと眠れない、使い方がわからなくて夜歯磨きもして足も少し高くしないと眠れない、
などといった方はこのページはあまり意味無いので検索などで飛ばれてきた方はごめんなさい。

まずVSTとは
ボス、決して走らず急いで歩いてきて、そして早く僕らを助けて。
の略で、他にボスケテやポケステなど色々な呼ばれ方をしますがその辺は皆さんよくご存知だと思われますので読み飛ばし可とします。
要は先マティと同じレベルです。


そしてどのような使われ方をするかというと

ボスケテ

彼の目を多い隠さんとする黒い暗幕にお気づき頂けただろうか。
彼自身が既に「ボスケテェッ」と発声しているように見えなくもないが、この暗幕の意味するトコロは詰まるところ「加工」である。

「加工」、、それは「味付け」、

そう、つまりMIDIにおいてVSTとはあくまで「スパイス」的な要素なのである

農作物の基本となるのは土であり、
料理の基本となるのは料理人の腕であるように、

MIDIに置いても基本は音符、まず音符ありき、なのである。


まとめると


いくら調味料だけ良い物を使ってもうまい料理は作れない。

いくら俺が良いVSTを使ってもすごい曲は作れない。

は同義です。
という事です。
ごめんただ画像使いたかっただけ。

スポンサーサイト
[ 2006/05/30 11:48 ] 曲をUPした話じゃない話 | TB(0) | CM(2)

やべ

この写メキツいなー
[ 2006/05/30 13:28 ] [ 編集 ]

ワラタw
[ 2006/06/01 01:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dotcome.blog67.fc2.com/tb.php/13-871bd862


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。