スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やすしよ、君は今どこに 

一年の半分を寝てすごす男、やすしは消えた。

あまりの眠気にメール1往復すらまともに出来ない彼はみんなから親しみを持って「やっさん」と、また裏の名を「眠りのやすし」と、呼ばれていた。

A棟の雀荘と化した彼の部屋、みんなの役満履歴が壁に貼られていたね。
A棟の灰皿と化した彼の部屋、はだしで歩くと足の裏真っ黒になっていたね。

「溜まり場はみんなの寝室」という暗黙のルールが成り立っていたあの頃。やすしの部屋で寝る人は誰も居なかった。

なぜならそこの家主は眠りのやすし。。そう、「眠りのやすしの御寝台を犯すな」というのもまた、暗黙のルールであったのだ。

ヤニで煙らせた部屋にドカっと腰をすえ気だるそうに麻雀を打つ4人、とその傍らで眠り続けるやすし。
たまにフラっと起きてシケモクを漁り、麻雀を観戦していたかと思うと、次の瞬間には既に寝崩れていたり。

そんな、阿鼻叫喚を目の当たりにしたA棟6階チューターは語る
「麻雀は人類が考え出した最高の遊び」


楽しかった時間は終わり、それぞれがチリヂリになった今
連絡を取り合う手段は携帯しかない。
その携帯を連絡なしで変え、我々の前からいつの間にか居なくなっていたやすし。

いや、多分2年ぐらいぶっ続けで寝て、料金滞納で利用止められてるだけかも

もしかして香椎祭の時に、ゆーきくんが俺の仕事場に電話してきた時に
「やすしって誰だっけ?」
と言ったのを気にしていたのかい?


今となっては何もかも幻に思える。
やすしが俺たちの夢を見ていたのか、俺たちがやすしの夢を見ていたのか。


けれど、俺達の前で八重歯を見せて笑ったその顔は、今でも心の中に


forever やすし

スポンサーサイト
[ 2006/06/24 12:05 ] 曲をUPした話じゃない話 | TB(0) | CM(1)

って画像違うがな(笑)
[ 2006/06/24 15:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dotcome.blog67.fc2.com/tb.php/27-c63061bc


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。