スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遅れすぎた男、こーすけ 

続かないと言いましたがやっぱり続くことにします。


§2.夏期講習の受講証をコピーすると「無効」の文字が浮かび上がった事例

彼のスロット依存症はもはや末期の様相を呈しており、打つ金を求めて夏期講習用の金にまで手をつけていた。
勝つための軍資金と言えば聞こえはいいが、
「勝ち盛り崩しのこーすけ」との異名をとる彼は、引き弱なだけでなく引き際も知らない。加えてたまに勝ってもガスコンロとかチェキとかいうインスタントカメラを買ったりともう滅茶苦茶する。
であるからして、その軍資金は程なくして底をつく事になったのだ。

そこにこーすけ人生最大の危機が訪れる。

近々、付近に来る予定のこーすけの親が、その際に会って夏期講習の受講証を見せろと言ってきたのである。

こーすけ真っ青。
もともと幸の薄い顔つきをしていたこーすけの顔から更に血の気が引く。たれた前髪の奥に隠れる目はどこか焦点が定まらず、口は半開きのまま、廊下を歩く足取りもおぼつかなかった。
一度など食堂でワイワイご飯を食べている時に、突然「コ、コプッ」と奇妙な音をたて、口から泡を吹いて倒れた事もあった。

そんな状況を間近で見ていた我々は「これは何とかしなければ」
と、その危機を打開すべく一致団結したのであった。

しかし、実際に受講証を用意するとなると必要になる金は軽く10万越え。
こーすけは、この後に及んでも
「もっかいスロット行ってぇ、勝ってぇ・・・」
とかうわ言の様にブツブツ、、、
作戦会議の邪魔だったので腹に一発決めて眠ってもらった。

実際に2,3個の講座を取ってそれだけ持っていくと言う案もあったが
親に全部もってこいと言われてたらしいので却下。

あーでもない、こーでもないと議論した結果、結局最終的に実行に移されたのは、

受講証捏造計画2002

作戦内容の詳細は、
人の受講証をコピー機で印刷させてもらい、名前を書き換え、写真も自分のものを上から貼り付る。
それを、受講する予定だった講座の分だけかき集め最後にまとめて一枚の紙に印刷して完了、というものである。費用もそれほどかからないのでとてもリーズナブル。


そうして出来上がった、ずらっと並べられた受講証を印刷された紙を見る。
それはなんとも異様な光景であった。

並んだ受講証の数は確か12か13。
その全てに「無効」「無効」「無効」・・・・と捏造防止用の仕込みが浮かび上がってきていたのだった。
こんなかんじ
みな顔を落とし、気まずそうに隣のものと顔をあわせる。
こみ上げる笑いを堪える、ひくつく肩を抑える、我々は作戦の失敗を予感した。

しかしこーすけは一人安堵している。
「受講証を失くしたら大変だからコピーで持ってきた」
というつもりだと言う。
我々は、決戦の場へと赴くどこか寂しそうな彼を黙って見守っていた。
強い朝の日差しが逆に彼の背中を暗く見せていた。。。


我々はこの後、家族会議で彼がどうなったかは知らされてない。
しかし、そもそも受講証を見せろとか言ってくる時点で、端から相手は怪しいとニラんでる訳で、
そこに、一面「無効」の文字で埋め尽くされたコピー紙を持って行ったところで結果は見えている訳で、


しかし、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とはこの男のためにあるような言葉で、
数日後の彼というと、全ての事が無かったかのようにスロットに麻雀にとあけくれ、借金街道をまっしぐらに走っていたのだった。

しかしこーすけの名誉のために言っておく。
この1年で負ける事しか出来なかった彼も、
最近では
「いやぁスロット勝つ様ようになって貯金とかしてんだよね、俺も自己主張するようになったんだよ」
という彼の発言を、風のたよりで耳にしたらしいという噂を聞いたらしいという噂が俺の耳にも入ってきたらしい?


今度こそ続かない。
スポンサーサイト
[ 2006/07/17 16:58 ] 曲をUPした話じゃない話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dotcome.blog67.fc2.com/tb.php/36-5bd1a4f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。